読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぶ濡れのあいらぶゆーー!!

不器用な僕なりに君に全てをあげる

ゆとり世代が「ゆとりですがなにか。」を見て思うこと

 

今期一番面白いと思ってたドラマが終わってしまった(つД`)・゚・「ゆとりですがなにか。」初めはクドカン岡田将生とかやばい!って思って見てたものの、ゆとり世代には響く言葉がありすぎてまさに笑いあり涙あり考えさせられる答えありの素敵なドラマだった。

 

 f:id:yxt25:20160613014712j:image

<野心がない><競争意識がない><協調性がない>ゆとり世代・・・社会は彼らをそう名付けた。果たして「ゆとり世代」とは本当に「ゆとり」なのか?

坂間正和(岡田将生):坂間酒造の次男。「みんみんホールディングス」勤務7年目。系列の居酒屋「鳥の民」に出向し、店長となる。

山路一豊(松坂桃李):東北出身。阿佐谷南小学校4年2組の担任。生徒からは”やまじー”と呼ばれている。レンタルおじさん麻生の常連。

道上まりぶ(柳楽優弥):風俗店の呼び込み。東大合格目指して11浪中。嫁・ユカとの間に娘・セレブが生まれたばかり。

 

 

1話から改めて見てみると、正和も山路もまりぶもそれなりに凄い成長しててこうやって人は変わっていくし、成長していくんだなあっと思った。ゆとりならではの成長の仕方。

とりあえず1話でおっぱいおっぱい言ってる柳楽優弥に度肝を抜かれ、正和が放った「ゆとり感じたことないですから〜!」で心を持ってかれてそっから毎週見る決意をしたよね(笑)そうなんだよ。ゆとり世代ゆとり世代って言われてるけどそんな本人たちはゆとりないんだよ!現実と向き合って必死に生きているんだよ!!!

 

そんなこんなでゆとりですがなにか。を見てて心に残ったセリフ書き出してこうと思います(笑)このドラマ見てて凄い救われた言葉もあれば、ゆとり世代ってこういう風なんだろうな、自分もこんなんなんだろうなっていうのがたくさんあってたくさん考えさせられた台詞が多かったので、書き出しておきたくて(笑)

 

 

  •  叱られた経験のない人間が部下を叱れるわけがないんです。
  • ゆとり感じたこと1度もねぇーわ!
  • 休みがないのも仕事に必要とされてるからだって
  • まーちんは関係ないのに泣いてる側だよ
  • 就職すんな。お前が気にいる会社なんかどこにもねーし、お前を気にいる会社もねーからだよ。そんなもんじゃねーよ。社会に出るってことは。働いて給料貰うってことは。兄ちゃん見てみろ!やっと入れそうな会社に入ったと思ったら成績不振でたらい回しにされて、とうとう部下から訴えられたよ、パワハラで。部下のミスを保定して7年勤めてようやくちょっと会社に貢献できたかなっと思ったらパワハラってよ!はあ!!??イメージしてねーよ!こんな社会人生活!でも、やるよ兄ちゃんは。得意先回って、頭下げて、焼き鳥焼いて、年上のバイトにこき使われて、部下に笑われて、意地でも辞めねーよ!今辞めたら何も得るもんねーから!元取るまで辞めねーよ!!!!
  • 友達ってもっと気使うよね?そうそう。土日に連絡したら面倒くさがられるんじゃないかとか、誘われたら断る理由考えるの面倒だなーとか、で、結局お互いFacebookで近況だけ知ってるけど、実は何年も会ってないみたいな
  • 男性、女幸せにすればいい
  • 俺だってわくわくなんてしませんよ。もう無理って毎日思うし、好きな生徒、苦手な生徒、いるし全然。同僚嫌いなやついる、親も、名前言ってもいいけど、顔も見たくないやついるよ!それでもやってますよ!教師!こんな俺でも!割り算の筆算に4時間ですよ。大吾くん。LDの子。あーってなりますよ。泣けてきちゃいますよ。こんなの一生なんか無理ですよ。せいぜい1日ですよ。でもやってますよ!
  • たった一ヶ月の実習でさ、燃え尽きた?ふざけんなだよ!
  • 傷つくの怖がってたら幸せになれないんだよ。誰も傷つけないやつは誰も幸せにできないんだよ。
  • 卑屈で頭固くて優柔不断で自分に自信がなくて、それがまーちん。変わったら面白くないし。だったら山路でいいじゃん。
  • やれば出来る子なんて迷信よ!あんたたちはやらなきゃ出来ないの!
  • 茜さんのことが好きです。ただ、お父さんのことは嫌いです。だってなんかいきなり押しかけてきて家族は、兄弟は、会社は、って俺のことは何にも聞かない。俺がどういう人間で何考えてるかなんてどうでもいいってことですか?
  • 恥っていう時は耳に心って書きますよね。さっき家族の前でお父さんにガーって責められて恥ずかしくて、悔しくて、耳真っ赤になりました。でも若いんだからどんどん恥かいてもっともっと耳も心も真っ赤にしていかないと...ですよね
  • ゆとり、ゆとり言うけどさ、あんなにゆとりがねーやつもゆとりなんだぜ?
  • まともってなんですか?誰が決めるんですか?誰が基準ですか?
  • 社会がまともじゃないから、まともな彼が変人扱いされるんじゃないんですか?
  • 幸せになるのが君の仕事
  • 大人も間違える、怠ける、逃げる、道に迷う、言い訳する、泣く、他人のせいにする、好きになっちゃいけない人を好きになる、すべて思春期のせいです。大人も間違える。だから他人の間違いを許せる大人になって下さい

 

 

本当に泣かされて、考えさせられて、笑わされて最高のドラマだった。さすが宮藤官九郎クドカン!言葉の選び方がうますぎて。何より岡田将生の素っぽい演技とか安藤サクラ岡田将生のやりとりが微笑ましくてこの2人本当に付き合えよ!って思ったぐらい(安藤サクラ結婚してるけどw)そして絶対童貞じゃないけど童貞な松坂桃李も良すぎた!初々しくて!まじで岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥最高かよ!このキャスト初めに思いついた人に菓子折り持ってお礼行きたいぐらい最高のキャストでした。

 

そして何よりOPの感覚ピエロもとっても良くてそこでも心に鷲掴み。このドラマで感覚ピエロ知ったけど主題歌の「拝啓、いつかの君へ」も挿入歌の「OPPAI」も今ではわたしの出勤のお供です。何よりOPで使われてるPVも良いし、「あんたの正義は一体なんだ?」って言う耳に残る歌詞もとっても良い。

 

ゆとり世代ゆとり世代なりに頑張ってます。世間に「お前らゆとり世代は。」って言われつつも、私達が決めて選んだわけじゃないこの道を一生懸命歩いてる。もちろん、私だって後輩に対してこの!ゆとり世代!って思うことあるけど、そうやって世間が育ててしまったのだから、それを受け入れて私達なりに進んで、社会を作っていかなきゃいけないんではないのだろうか。社会のせいにばっかしてたらいけないと思うわけです(笑)

そんなことをこのドラマを見て考えさせられました。私自身も完全なゆとり世代ではないからまたちょっと今のゆとり世代とは違うけど(笑)

 

山路が最後に言った「他人の間違いを許せる大人になって下さい」これに尽きる。他人も自分もいっぱい間違えるけどそれを受け入れて世間に揉まれて、色んな人に助けられて生きていこうと、進んでいこうと思います(笑)

 

f:id:yxt25:20160622220211j:image